【仮想通貨取引所のZaifまとめ】 XEM(ネム)を買うならザイフ!メリット・デメリットを解説しました。

こんにちは!仮想通貨勉強部屋の管理人SYO(@virtual_coin_sy)です!

今回は僕自身がcoincheck(コインチェック)からZaif(ザイフ)に乗り換えて取引しています。

今回は日本の三大取引所の一つでもあるZaif(ザイフ)を使うメリット・デメリットをまとめて詳しく解説していきます。

ちなみに僕はXEM(ネム)をメインに保有していますが、XEMはコインチェックで買うよりもザイフで買う方がお得だと知ったので、ずっとザイフを使っています。

それはおいといて早速Zaif(ザイフ)の基礎知識、メリット・デメリットから紹介していきます!

絶対に登録しておきたい取引所ランキング
  1. Binance(バイナンス)
  2. 世界No.1取引所。取り扱い通貨も最多。
  3. bitbank(ビットバンク)
  4. 手数料が激安。リップルなど取り扱い通貨も多く便利な取引所。
  5. bitFlyer(ビットフライヤー)
  6. セキュリティ世界No.1の国内取引所。FXも多くの方が使ってます。
番外:DMM Bitcoin
アルトコインのレバレッジ取引がしたいマニアックな方は絶対にココ。

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)はどんな取引所?

会社名 テックビューロ株式会社
設立 2014年6月16日
代表取締役 朝山貴生
資本金 8億3,013万円(資本準備金含む)
所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)はテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨の取引所です。

設立が2014年の6月で代表取締役は朝山貴生さん。資本金は8億3,013万円(資本準備金含む)で大阪にある会社です。

そしてZaif(ザイフ)の代名詞とも言えるマイナス手数料。

取引の手数料がなんとマイナス0.1%!これにはルールがありますが、手数料をもらえるというすごい制度なんです。

でもなんでそこまでできるのか?手数料で利益を取らないのは逆に怪しい!なんて声が上がっていたらしいですがテックビューロ株式会社はこう記しています。

弊社テックビューロ株式会社は、当初より数年間は利益なしにビットコインのインフラ整備に尽力するというビジネスプランが前提で、それに対する理解の元、著名ベンチャーキャピタルであるNTVPより多額の資金調達をしております。

よって、弊社で実施するマイナス手数料などのキャンペーン費用が、弊社の経営を圧迫したり、お客様の預かり金を侵食することはありません。また、お客様の預かり金が弊社の経営資金として流用されることはありません。

引用:https://corp.zaif.jp

まず利益云々よりも、ビットコインなどの仮想通貨のインフラ整備に尽力するスタイルで経営をしているからマイナス手数料という前代未聞なことが可能なわけですね。

そして最近、テックビューロ株式会社の代表の朝山さんが2018年の新年のご挨拶が投稿されました。

弊社のミッションとしては、このトークンエコノミーにおいて皆様に未来のビジョンを共有しながら、現在からちょっと先の実用において最大の貢献をしたい、というものがあります。

引用:http://takao.asaya.ma

2017年には、その成果としてタケノコ状にNEMを用いたサービスが開発され、世に出始めました。私的には、2018年はNEMが花咲く年であると考えています。

引用:https://corp.zaif.jp

今後の動きにも注目したいですね!

▼もっと詳しく公式ページでチェックする▼

ではここからZaif(ザイフ)を使うメリット・デメリットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)を使うメリット・デメリット

Zaif(ザイフ)を使うメリット

メリット
  • 取引手数料がマイナス
  • 「Zaifコイン積立」で積立投資が簡単にできる
  • レバレッジ最大7.77倍、追証なしの信用取引ができる
  • 「ビットコインAirFX」で最大レバレッジ25倍の取引ができる
  • 豊富な種類のトークンがある
  • 無料で仮想通貨が貰えるボーナスがある
  • 簡単取引を使えば初心者でも簡単に売買できる

僕みたいにコインチェックでの取引から始めた人が多いとは多いますが、実際に売買をするとその手数料に驚愕すると思います。

ザイフの場合は手数料がマイナス、もしくはめちゃくちゃ安い設定なので初心者にも優しいですし、頻繁に売買する人にとってもすごく良いです。

トークンの種類も豊富でFX取引もでき、初心者から中級者の方まで幅広く使える取引所ですね。

Zaif(ザイフ)を使うデメリット

デメリット
  • 取引の操作が初心者だと少し難しい
  • サーバーが不安定な時がある
  • 本人確認書類のハガキがくるのがおそい
  • アルトコインの取扱いが少ない
  • 保有銘柄の日本円換算が確認しずらい

一方で取引画面に慣れるまでは時間が必要なのと、サーバーが不安定な時が時々あるみたいです。

僕はまだ経験してないのですが、以前までは頻繁に起きていたそう。

そして、本人確認のハガキが届くのが遅いです。僕の場合は12/5に登録をして12/22にハガキが届きました。お早めに登録することをオススメします!

XEM(ネム)を買うならZaif(ザイフ)で買おう

XEM(ネム)を購入したいならコインチェックではなくZaif(ザイフ)で購入することをオススメします。

Zaif(ザイフ)でXEM(ネム)を買う理由その1

ちなみになぜ僕がコインチェックからザイフに変更したかと言うと、僕は2018年1月10日現在XEM(ネム)をメインで保有しています。

なのでコインチェックの場合だと取引手数料がかかってしまい、購入した途端から損をすることになってしまいます。

ザイフの場合は取引所形式で取引できるのでXEMを買うときの値段と売るときの値段(スプレッド)に誤差がありません。

コインチェックに慣れてきた人はザイフでの取引を検討してみてください!

理由その1
ザイフの場合XEM(ネム)を取引所形式で購入できるので、コインチェックよりも安く購入できる!

Zaif(ザイフ)でXEM(ネム)を買う理由その2

ザイフの場合取引所形式なので指値注文(値段を指定して買い注文を出す)ができます。なので、いちいち現在価格を細かくチェックする必要がありません。

現在200円だから180円になったら買い増そう!と思っていても、コインチェックの場合は180円を下回るその時まで現在価格とにらめっこしていなければなりません。

ですが指値で180円に設定しておくと、売り注文が入れば勝手に売買が成立します。

寝ている間に180円になっていたけど、起きたら200円に戻っていた!なんて時も指値で注文しておけば寝ている間にも180円で購入してくれます。

もちろん売り注文が入らなければ売買は成立しないので絶対ではありませんが。

理由その2
ザイフの場合XEM(ネム)を指値注文できるので売買の効率が良い!

まとめるとこんな感じ。

  • コインチェックは手数料が高い
  • ザイフは取引所形式で取引可能(XEM)
  • 手数料が安い
  • 指値注文で下落時に買い逃さない

他にも小さな要因はたくさんありますが、XEM(ネム)を購入するのであればザイフをオススメします。

Zaif(ザイフ)はこんな人が使うべき!

  • XEM(ネム)を安い手数料で買いたい!
  • XEM(ネム)を取引所形式で売買したい!
  • コインチェックでの取引に慣れてきた!
  • 売買にかかる手数料で損をしたくない!
  • 仮想通貨をこれから真剣に始めたい!
  • 積立で投資をしたい!

仮想通貨の取引をしている人はみなさん登録して使っている取引所ですので、登録しておいて損はありませんね。

いざ取引しよう!と思っても本人確認が遅いのですぐには始めれないのが難点。先に登録だけ済ませておくのも手です。

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)のメリット・デメリットまとめ+おまけ

  • ザイフは手数料が安い!
  • XEM、MONAを取引所形式で売買するならザイフ
  • ドルコスト平均法で積立投資をするならザイフ
  • 「ビットコインAirFX」で最大レバレッジ25倍の取引ができる
  • 豊富な種類のトークンがある
  • サーバーが不安定な時がある
  • アルトコインの取扱いが少ない
  • 取引の操作が初心者だと少し難しい

Zaifはお笑いコンビの「かまいたち」とコラボで動画をYouTubeにアップしています。こちらもお時間あるときにぜひ。

▼今オススメの取引所▼





▼ぜひシェアしてください▼


手数料が激安!慣れてきたらZaifに登録!





マイナス手数料が売り!取引所Zaifが優秀!




ビットコインFXを始めるならここ!



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界1のFX取引量!資金力もあり安心できます!