【仮想通貨関連のDApps(ダップス)って何?】ビットコインもDApps!調べてまとめました。

こんにちは!仮想通貨勉強部屋の管理人SYO(@virtual_coin_sy)です!

最近仮想通貨の情報を追っているとDAppsって言葉をよく聞くのですが、全く意味がわかりません。笑

ということでDAppsについて軽く調べてみました。

絶対に登録しておきたい取引所ランキング
  1. Binance(バイナンス)
  2. 世界No.1取引所。取り扱い通貨も最多。
  3. bitbank(ビットバンク)
  4. 手数料が激安。リップルなど取り扱い通貨も多く便利な取引所。
  5. bitFlyer(ビットフライヤー)
  6. セキュリティ世界No.1の国内取引所。FXも多くの方が使ってます。
番外:DMM Bitcoin
アルトコインのレバレッジ取引がしたいマニアックな方は絶対にココ。

そもそもDAppsってなに?

DAppsはDecentralized Applicationsの略。

つまり、ブロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションのことです。(分散型アプリケーション)

そして、DAppsを定義するには3つの条件があります。

DAppsの定義
  1. アプリケーションがオープンソース
  2. トークンを利用
  3. ユーザーの合意のもとでの改善

上記3点を満たしているのがDAppsです。あなたがご存知の代表例はビットコインです。

ビットコインがアプリケーションと呼ばれるのは少々違和感を感じるかも知れませんが、ビットコインもDAppsです。

スポンサーリンク

主なDAppsの活用事例

仮想通貨

ビットコインやイーサリアムが代表的。

逆にいえばリップルはDAppsではないです。

ゲーム


出典:https://medium.com/

『cryptkitties(クリプトキティーズ)』や『Etheremon(イーサエモン)』が有名ですが、こちらもDApps。

仮想通貨の取引所

分散型取引所(DEX)もDApps。

イーサデルタやカイバーネットワークなどのDEXがそうですね。

DAppsのメリット

中央管理者が存在しないことが大きなメリットになります。

中央管理者がいないということはマージンを取る者がいなくなり、不正や利用料などをなくすことができます。

多くのサービスがDapps化すると、新しい経済圏が生まれる可能性もありえます。

取引の透明性が上がり、不正取引が行われにくくなるのがDAppsの良いところですね!

DAppsについてのまとめ

  • DAppsを定義するには3つの条件がある
  • ビットコインもDApps
  • 新しい経済圏が生まれる可能性もある
  • 不正を無くしたり取引が透明化される

▼今オススメの取引所▼





▼ぜひシェアしてください▼


手数料が激安!慣れてきたらZaifに登録!





マイナス手数料が売り!取引所Zaifが優秀!




ビットコインFXを始めるならここ!



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界1のFX取引量!資金力もあり安心できます!