【取引所と販売所の違い】知ってないと損をする!仮想通貨初心者が身につけたい大事な知識。

こんにちは!仮想通貨勉強部屋の管理人SYO(@virtual_coin_sy)です!

あなたは取引所と販売所の違いを知ってますか??

この違いをしっかりと把握していないと、手数料などで知らず知らずにめちゃくちゃ損をしている!!なんてことになっちゃうのでしっかりと理解しておきましょう!

絶対に登録しておきたい取引所ランキング
  1. Binance(バイナンス)
  2. 世界No.1取引所。取り扱い通貨も最多。
  3. bitbank(ビットバンク)
  4. 手数料が激安。リップルなど取り扱い通貨も多く便利な取引所。
  5. bitFlyer(ビットフライヤー)
  6. セキュリティ世界No.1の国内取引所。FXも多くの方が使ってます。
番外:DMM Bitcoin
アルトコインのレバレッジ取引がしたいマニアックな方は絶対にココ。

取引所と販売所の違いってなに??

取引所の場合

取引所形式での取引は、簡単に言うとユーザー同士のマッチングによってコインを売買する方式。

100円で10枚コインを買いたい人と、100円で10枚コインを売りたい人がいればマッチング成立(取引成立)。

この場合手数料は少なく、自分が希望する金額で取引(売買)することができます。

取引所のメリット

  • 手数料が少ない
  • 自分の希望する額で取引(売買)ができる

取引所のデメリット

  • マッチングしないと取引(売買)が成立しない
  • すぐに売りたい、買いたい時に売れない、買えない可能性がある

販売所の場合

販売所形式での取引は、簡単に言うとcoincheck(コインチェック)、bitflyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)などと自分が直接売買する方式。

100円で10枚コインを買いたいと思ったらcoincheck(コインチェック)などから直接コインを購入、売却することができます。

この場合手数料がかかるので取引所で購入するよりも割高になってしまったり、売却する時には割安になります。(coincheck(コインチェック)などに手数料を支払うため)

販売所のメリット

  • 即取引が成立する
  • 自分が希望する数量で売買できる

販売所のデメリット

  • 販売所を運営する企業によって価格が変わる
  • 手数料が高い

取引所と販売所の違い理解できましたか?

僕は違いを知るまで取引所と販売所があることを知りませんでした。

当時は投資をしていなかったので損をすることはありませんでしたが、これを知っていないと知らず知らずに損をしていたと考えると恐ろしい。笑

やはり情報は武器になりますね。

スポンサーリンク

国内の主要取引所の違いを理解しておこう!

coincheck(コインチェック)、bitflyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)の3つの国内取引所についても違いをしっかりと理解しましょう。

あなたが取引したいコインによって取引所を変えるのが脱・初心者の要です!

coincheck(コインチェック)は取引所?販売所?

CMも始まり新規登録者が殺到しているcoincheck(コインチェック)ですが取引所形式で取引可能なコインを見ていきましょう。

coincheck(コインチェック)で取引所形式のコイン

  1. BTC(ビットコイン)

coincheck(コインチェック)の場合っは、なんとBTC(ビットコイン)のみ取引所形式で売買ができるんです。

その他のアルトコインに関しては全て販売所形式。つまり手数料が割高になってしまう取引しかできません。

そして、アプリの場合取引所形式で売買することができません。取引所形式で売買したい人は必ずWebからcoincheck(コインチェック)にアクセスしてくださいね!

僕は個人的にcoincheck(コインチェック)が1番見やすくて、使いやすいので少しばかりの手数料を我慢できる人もしくは、見やすいチャートを見たい人はcoincheck(コインチェック)をオススメします。

bitflyer(ビットフライヤー)は取引所?販売所?

国内で最初にCM流したことでビットコインの取引量、ユーザー数、資本金の三冠を達成しているみたいです。

bitflyer(ビットフライヤー)で取引所形式で取引可能なコインを見ていきましょう。

bitflyer(ビットフライヤー)で取引所形式のコイン

  1. BTC(ビットコイン)

なんとこちらもBTC(ビットコイン)のみ。他にもイーサリアム、ライトコイン、モナコインなどがありますが全て販売所形式です。

bitflyer(ビットフライヤー)の場合はアプリからでも取引所形式で売買することができるので安心してください!

Zaif(ザイフ)は取引所?販売所?

取引手数料マイナス0.01%を謳っていて、仮想通貨中級者がよくオススメしているZaifですが取引所形式で取引可能なコインを見ていきましょう。

Zaif(ザイフ)で取引所形式のコイン

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. MONA(モナコイン)
  5. XEM(ネム)

Zaif(ザイフ)は5種類のコインが取引所型式で購入することができます。

手数料を安く済ませたい人はZaifがオススメですね!

2017年12月15日現在
本人確認申請をしてから1週間ほど経ちましたがまだハガキが来ず取引できる状態になっていません。早めの登録をオススメします。

取引所と販売所の違いまとめ

取引所と販売所の違いと、国内取引所の違いについて理解できましたか?

ちなみに海外取引所を使えるようになってくると、全ての通貨を取引所型式で売買することができますので、仮想通貨投資に慣れてきた人はぜひ挑戦してみてください!

オススメは中国の取引所のBinance(バイナンス)です!

海外の取引所【Binance(バイナンス)】の登録方法と使い方、メリット・デメリットをまとめました。

2017.12.14

国内取引所は登録して本人確認をしないと取引ができません。すぐに取引できないので早めに本人確認を終わらせておきましょう!

▼今オススメの取引所▼





▼ぜひシェアしてください▼


手数料が激安!慣れてきたらZaifに登録!





マイナス手数料が売り!取引所Zaifが優秀!




ビットコインFXを始めるならここ!



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界1のFX取引量!資金力もあり安心できます!